ケンコー・トキナー『PLフィルター』で青空撮影に挑戦

PLフィルターは一眼レフやミラーレスを使っている人なら一度は聞いた事があるのではないでしょうか。最近ではスマートフォンに対応したものも販売されているので、スマホで写真を楽しむ方にも浸透し始めているかもしれませんね。
そしてPLフィルターを購入して最初にやってみたいことは、青空の撮影ではないでしょうか。元々バッグの撮影目的で購入しましたが、まずは一度青空を撮ってみようと思います。今まで何度か空の撮影には挑戦してみたのですが、その度に肉眼で見るよりも白っぽくなってきれいに撮れませんでした。

白くボヤけた写真になる原因は空気中の埃や水蒸気が乱反射してしまうからだそう。PLフィルターはそれらを除去して空本来の色を写してくれます。実際に撮ってみたのが上の写真です。そして丁度良いタイミングで飛行機が。どうせなら一緒に画角に収めたい。伊丹空港から飛んできたのかな?とか考えている内にどんどん進んでいくので急いで撮りました。確かに今まで撮ってきた空より青く、雲の白色も綺麗に出ています。画像サイズを変えただけでそれ以外は全く加工していないので、フィルターの効果はしっかり出ています。
今回は、適当な時間に出てたまたま飛んでいた飛行機に向けて撮った写真なので、もっと時間帯や向きなどの条件を満たせばさらに綺麗な空になるんじゃないかと思います。

雲の少ない快晴の空だったのでPLフィルター青空撮影リトライです。前回撮影した時よりも太陽の位置、カメラの角度を意識して撮影してみました。

カメラの位置は太陽を背にして90度が最もPL効果を発揮する条件らしいのですが、90度の位置に雲が全くなかったのでピント合わせの為、若干下気味の角度になっています。それでも前回の行き当たりばったり撮影よりは良く撮れていると思います。次はもっと綺麗に撮りたいです。

やっぱりせっかくの気持ちのいい青空だったので、もう一度、今度はなるだけ条件を満たして撮影しました。左に雲の塊があったので何とかピントを当てて撮影。個人的には2枚目の写真には電柱が入り、より空っぽさが出て好きです。3枚目の写真はグラデーションが少なく全体的に青色がよく出ています。

PLフィルター青空4枚目。前回撮った2枚の改善点を踏まえて撮りました。条件良し、電柱良しのハイブリッド青空になる予定でしたが、欲張りすぎて窮屈な写真になりました。十分空の写真は楽しんだのでこの辺でやめておきます。