宝塚の名前が付いた花 『デュランタ』

運転免許証の更新が近づいていたので、午後から免許の更新に行ってきました。受付がスムーズに済み、講習開始まで少し時間があったので施設の周辺を散歩しました(講習開始まではどこに行ってもいいそうです)。この日は風が涼しくて外でもとても過ごしやすい陽気でした。

デュランタ “タカラヅカ”

自販機でお茶を買ってふと花壇を見ると、綺麗な花が咲いていたので、バッグに忍ばせていたカメラに収め帰宅。どういった花か調べてみると、クマツヅラ科ハリマツリ属に属する「デュランタ」という花で、品種名がなんと『タカラヅカ』。
宝塚歌劇団でおなじみの宝塚と何か関係があるのかと思いさらに調べると、凛とした花姿が宝塚歌劇団の団員『タカラジェンヌ』が正装した際の袴姿を思わせる事から名付けられたんだとか。
確かに小さな花ながら、ひとつひとつがしっかりとした存在感を示している素晴らしい花でした。

デュランタの開花時期や育て方についての解説は以下のサイトに詳しく記載されています。

みんなの趣味の園芸 NHK出版

https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-195/target_tab-2